2006年09月14日

ご自宅配送版(送料込み)究極スロットノウハウ

> ご自宅配送版(送料込み)究極スロットノウハウ




スロットでは8割〜9割の人が負け組だと言われており、その全ての方が上記のどれかの理由で負けています。



しかし負けるのは当然です。


こういう打ち方をしていればパチンコ屋が儲かるようになってるんですから。



「じゃあ、おまえはどうなんだよ!」



おっとぉ!!!そうですね。普通そうなりますよね。


しかし私の収支は負け組の方にはちょっと刺激的ですよ〜。



私はスロットを打つ度に数万円程度は持って帰ります。



そしてフルに稼動した場合は、月70万〜160万のプラス収支を出してます。


一般の方には信じられないかもしれませんが、本当の話です。


なぜ私がこんな自慢たらしいことをお話するのかというと、



「スロットで勝つことは意外なほど簡単だ。」

「スロットは誰でも勝てる。」



ということを、あなたに知ってもらいたかったんです。



「簡単に勝てるなら負けるやつはいないんだよ!!」



という方は、実際に私が勝ち方をお教えした方々の喜びの声を聞いて下さい。


誰でも勝てる証拠がそこにあります。喜びの声


さらに私は打ちに行った時の出玉と台の状況を、毎回携帯で写真に撮ってます。


その状況や私の生活を、写真入りでブログ(日記)で紹介しておりますので、興味がある方は見て下さい。


きっと今日も数万円くらいは勝って、出玉を写真にとってブログを更新してると思います。



では一体何をして勝っているのか、一般の方と私の何が違うのか?



それは・・・



単に座る台が違うだけなんです。



たったこれだけです。



「たったこれだけって?軽く言うけどさあ・・・。」



でも本当にこれだけなんです。


私も打つ台を決めたら、あとは一般の方と同じように普通に打っているだけですから。



たったこれだけの、「座る台が違う」ということだけがプロと負け組の方の違いなんです!



馬鹿らしいと思いませんか?



同じように座り、同じ時間打っていても、座る台が違うという理由だけで、



5万円負ける人と、5万円勝つ私がいるんです。



勝ちと負けでは一回分の収支だけでも金額にかなりの差が出ます。



もったいないと思いませんか?



あなたは目の前に勝てる台があるにもかかわらず、「知らない」という理由で素通りしているんです!



拾ったら全部自分のものになる数万円を、あなたは毎回見逃しているんですよ?



やっぱりもったいないですよね。


しかしそんなあなたが、これから自分の前の「勝てる台」を全て拾って、今すぐに私と同等のプラス収支を出す方法があるんです。


その方法とは・・・



私と同じ基準で台選びをすることです。



私に言わせるとスロットは小学校低学年の算数と同じです。


「1+1=2」という計算は「1+1=」という計算式さえわかれば答えが「2」であることが誰でもわかります。


つまりスロットでも計算式の部分がわかれば誰でも「答え=勝てる台」がわかるということです。



スロットでいう計算式の部分とは「台選びの基準」のことです。



その台選びの基準が勝てる台を知る計算式であり、それを知れば、



誰でも簡単に勝てる台がわかるようになります。

その結果、私同様のプラス収支を出せるようになります。



打つ度に数万円くらいは持って帰れるようになるんです。



「打つ度に」ですよ?


おおげさでも何でもなく、実際に「打つ度に」その場で数万円を持って帰れるんです。



私はこれが当たり前の生活を何年も続けていますが、負けている方がそうなれたらちょっといいと思いませんか?



あなたがどの台を打てばいいのか、という台選びの基準は全て私が教えます!



さらにあなたが望むことは、一時的なプラス収支ではなく、この先ずっと稼いでいくことですよね?


「今後出てくる新台や、5号機でも勝てるの?」とお思いの方。


ご心配なく。


私のサイトでは訪れてくれた方が確実に勝つことができ、またそれを今後ずっと続けて頂くことができる、私流のとっておきプロテクニックを全てお教えしています!

> ご自宅配送版(送料込み)究極スロットノウハウ
【関連する記事】
posted by 攻略法スロッター at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スロット武勇伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。